2016年06月17日

刑事物語 #2359

1982年 日本 110分

武田鉄矢の人気シリーズ。ペンネームで原作脚本も書いている。この人各年代で確実にヒット作があるんだよねえ。才能のなせる業かな。今回のハンガーアクションもかなり練習したみたいだし、努力もしっかりされてるんだろうねえ。
このシリーズ、かなり懐かしい。確か全部見たと思うんだけど、片山刑事が全国を旅?じゃなくて転勤しながらヒロインと出会い、犯人をやっつけるという話。第一作目のヒロインは・・・この映画だけで引退してしまったらしい。デビューからハードなヌードシーン、ろうあ者の役で、大変だったんだろうか?かなりセクシーなボデーだったのでそっち系の役ばかり来たのかも??
ま、それは置いといて、トルコを舞台に暗躍する組織を追い詰め、ついついやり過ぎたりもする、そしてバトルにはとことん強いヒーローだ。
posted by 映画のせかいマスター at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石井裕也

おかしの家 (2015) 脚本/演出  
バンクーバーの朝日 #2457 (2014) 監督  
ぼくたちの家族 #2358 (2013) 監督/脚本  
船を編む #2069 (2013) 監督  
エンドロール 〜伝説の父〜(ドラマW)#1923 (2012) 脚本/監督  
妄想捜査 〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 (2012) 監督  
ハラがコレなんで (2011) 脚本/監督  
あぜ道のダンディ #1542 (2010) 監督/脚本  
君と歩こう (2009) 監督/脚本/編集  
川の底からこんにちは #1419 (2009) 脚本/監督  
ばけもの模様 (2007) 出演/監督/編集/脚本  
ガール・スパークス (2007) 監督/編集/脚本  
反逆次郎の恋 (2006) 脚本/編集/監督/出演  
剥き出しにっぽん (2005)
posted by 映画のせかいマスター at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくたちの家族 #2358

2014年 日本 117分 石井裕也監督

どこにでもありそうな両親と二人の男兄弟。兄の結婚出産で幸せの絶頂と思われていたその時、母の脳腫瘍が発見され、急転直下の家族の人生が始まる。話が進むに連れ、両親の借金や、兄の昔の引きこもりなど問題が露呈していく。一番頼りないように見えていた弟が活躍し、家族一丸となって母親を助けようと奔走する。

もしかしたらどこの家でもあるのかもしれない問題が、突然全て現れた時、しっかり立ち向かうことができるだろうか?自分だったら諦めて母の死を待ちそう??家族が一致団結する姿が感動的だった。

池松壮亮、うまいよねー。


posted by 映画のせかいマスター at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする