2016年06月22日

天空の蜂 #2372

2015年 日本 139分 東野圭吾

現在のスター俳優が次々出てきて、各段階でヤマ場が用意されていて、ずっと目を離せない展開だった。江口洋介の息子救出でひと山、綾野剛の逮捕劇でひと山、本木雅弘の○○でひと山、十分に練られたストーリー、これ考えるのさすがだなー。

最新型の無人ヘリが原発の上から落下するというテロ、犯人の正義感や暗に原発反対なのが気にならなくもないが、それ以外は現代サスペンスの最高峰!ッて感じの映画でした!
posted by 映画のせかいマスター at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒線地帯 #2371

1960年 日本 80分

石井輝男の地帯シリーズ第2弾。前回のソープランドに続き、黒線とは麻薬組織のこと。赤線防止法で地下に潜った売春組織でもあるようだ。今回は記者の天知茂が麻薬組織に挑む。ポン中の売春女が出てきたり、キャバレーのポールダンサーが出てきたり、キワドイ描写もたくさん。古き良き時代の日本の景色も堪能できます。今とは全く違う新宿とか貴重!

探偵役の天知とキャバレーの女のロマンスっぽい軸もあって事件を和らげてる。
posted by 映画のせかいマスター at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白線秘密地帯 #2370

1958年 日本 57分

石井輝男監督の問題作。この時代にこういうエロっぽいのあったとは!今でいうソープランド、中身は興味深くって、何組もの男女が薄着でダンスしてて、気が合えば部屋に行って蒸し風呂に入るシステム!?
部屋の中でソープ嬢が殺されるんだけど、犯人はみんな見てるはずなのにほとんど密室のため逃げてしまう。でもソープを運営する組織に追われて消される。

宇津井健扮する主人公の若手刑事が風俗組織に挑む・・・。

当時の風俗を記録する貴重なフィルムであることは間違いないのだが、かなりの問題作なんじゃなかったろうか?でも中身は真面目な刑事もの、何時の世も同じ〜

71分の作品だが、現存するのは15分壊れてて57分の作品
posted by 映画のせかいマスター at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする