2016年10月06日

あさひるばん #2404

2013年 日本 

釣りバカ日誌のやまさき十三が初の監督作品。それでなのか実写版の西田敏行とアニメ版の山寺宏一が出演。山寺と、國村隼と板尾創路が同級生っていう、なんか違和感のある3人(名字を取ってあさひるばん)が、野球部のマネージャーだった斉藤慶子が病に伏しているのを知り、娘の桐谷美玲の結婚式に出してあげようと奔走する。しかし、かつての鬼コーチである西田敏行は・・。

山寺宏一さん最近モノマネでブレイクしているけど、バラエティの司会のイメージが強すぎて俳優としてみれないなー。元刑事で服役中ってのもなんか設定微妙。著者のやまさきの故郷の宮崎ロケで景色は良かったけど。どっちかというと釣りバカみたいなシリーズ物に進化するのを期待していたので、一話完結っぽい終わり方で少しがっかり。
posted by 映画のせかいマスター at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする