2016年11月10日

MW-ムウ- #2416

2009年 日本 129分

原作は手塚治虫の全3巻のマンガ。2時間にギュッと詰め込んだ映画、内容も衝撃的で最初から飛ばしまくりで面白かった。山田孝之目的で一緒に見た娘が手塚治虫って凄い!と感動していたw 2009年公開なので現代のテロとか反映されてるけど、原作は30年以上前だからね。一度読んでみたいな。

映画は原作と変えてる部分も多いので原作ファンは不満みたいだ。タイトルのMWにも幾つかの解釈があるようで、本格的に長いドラマにしても面白そう。

映画では玉木宏のハチャメチャぶりが光り、山田孝之食われてたなあ
posted by 映画のせかいマスター at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする