2017年02月21日

人斬り #2470

1969年 日本 140分 五社英雄

幕末物語を豪華キャストで送る・・のはいいんだけど、岡田以蔵=勝新太郎、坂本龍馬=石原裕次郎、武市半平太=仲代達矢で、仲代は結構似合ってるんだけど、あとは好き勝手に自分のキャラでやってる感じ。まあそれがいいんだけどね。裕次郎は龍馬っぽく見えないなあ(笑)

司馬遼太郎の原作を基にして橋本忍が脚色、五社監督の大胆な演出も光ります。田中新兵衛役で三島由紀夫が登場!この翌年割腹するんですよねえ。
posted by 映画のせかいマスター at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダーク・スター #2469

1974年 アメリカ 83分 ジョン・カーペンター

ジョン・カーペンター監督の処女作。2001年宇宙の旅が1968年で、その影響なのか当時こういうの流行ってたのか、コンピューターと掛け合い漫才的な会話して宇宙でトラブル回避してて笑える。スターウオーズのC3POみたいな、でもかなり安物チックな風船割ったら破裂するロボに殺されそうになったり、すげーピンチなのにどーでもいいような危機回避したりして、宇宙をさまよい続ける。4人の乗組員はそれぞれ個性的でもしかして島流し?みたいな。

宇宙人もでてこないがカーペンターさすがやな
posted by 映画のせかいマスター at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の中にいる他人(NHKドラマ2017)#2468

2017年 全7話

「黒い十人の女」に続き60年代の映画リバイバルブーム!?しかし60年代にこういう映画が作られていたってのは凄いな。初回から親友の妻と不倫しててプレイが行き過ぎて絞殺してしまい、帰り道にその親友とバッタリ会って酒を飲んで帰る。

妻にはかつて親友を裏切った過去があり、その親友がこの事件を嗅ぎつけて、夫婦はそれぞれの親友から脅されることとなる。逃げ切ろうとした夫婦だったが、動かぬ証拠が見つかり、翌日自首しようとした夫だったが・・・。

瀬戸朝香が復帰して、主役なんで板谷由夏をしのぐ悪さを発揮するんだろうと思ってみているが、なかなか悪の部分は表に出てこない。しかし最終話で明らかに・・。妻を殺されたのに親友をかばう石黒賢の思惑はすぐに明らかに・・。

なかなかおもろいドラマでした。
posted by 映画のせかいマスター at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする