2017年04月10日

冬芽の人(大沢在昌ドラマ2017)#2484

2017年 テレビ東京

 6年前に恋人関係になりそうだった同僚渡部篤郎を犯人を追い詰める際事故で亡くし刑事を辞めた鈴木京香が、渡部の息子瀬戸康史と出会うことから解決していたはずの事件が新展開をみせる。すべては事故に見せかけた殺人??

 ものすごく張り巡らされた事件だったわけだが、6年も何事もなく過ぎていたのに、急な展開、しかも犯人側のものすごく計算され尽くしたワナ、、、さすが大沢在昌、スタートから緊張感ありすぐにドラマに入ってける展開だった。

 熟女が若い男とロマンスに・・っていうかつてのトレンディドラマ年齢層の妄想を取り込んだ??w展開もありつつ、鈴木京香や高岡早紀などこの年代の需要の高さを感じた(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする