2018年03月19日

愚行録 #2545

2017年 日本 120分

 貫井徳郎原作。原作読んでないけど、取材日記みたいな形で、誰の言葉かわからないような部分もあったりして、映像化は難しいと言われていたようだ。映像化された分は、その取材が誰かはすぐにわかるので、そのトリックは使えないが、十分おもしろかった。ラストは唐突に出てきた気がしたが、まだまだその後に驚愕の展開が続くわけなので十分かな。

 人によって見る目が違い、いろんな印象を受けているってとこも十分ミステリーだけど、主人公であり物語をリードする妻夫木聡の動向から目が離せない。暗い雰囲気もしっくりきてた。
この映画、小出恵介のスキャンダルで上映停止されたらしい。残念
posted by 映画のせかいマスター at 08:45| Comment(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする