2018年11月01日

ディスタービア #2610

2007年 アメリカ 104分

 不祥事で足に範囲外に出たらアラームがなる装置をつけられてしまった青年、身動きできない状況で、近所の怪しい男が犯罪を犯してるんじゃないかと嗅ぎつけ、捜査することに。しかし自らは動けないゆえ、仲間に頼んでITを使った駆け引きが始まる・・。

 身動き取れない状況ってのは興味深いし、やることないから近所を覗いてて怪しい男を発見するところまでお見事。10年経つとガラケーだったり、スピードが早すぎてすぐに古くなってしまうのが欠点。スピルバーグも参加してるらしいが、どことなくスピルバーグふうな感じも
posted by 映画のせかいマスター at 17:25| Comment(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする