2019年06月24日

集団左遷(連続ドラマ2019)#2674

2019年 TBS系 全10回

日曜劇場枠。池井戸作品と比較されて、あまり評判は良くなかったみたいだけど、自分的には面白かった。福山雅治、前半と後半でちょっと変わった気もするが、爽やかでクールな支店長役が似合っていた。半沢直樹で敵役(今回で言えば三上博史)だった香川照之が福山の腹心の役で登場し、最初はなぞの人物だったんだけど、キーを握る役になっていった。あと、尾美としのり。端役かと思ったら最後に見せ場が!手帳を渡すシーンは感動的だった。

で、前半も後半も圧倒的な巨大な悪役として三上博史が顔芸含めて、暗躍した。一時は市村正親頭取まで巻き込んで、ネットでも話題だった。

原作は江波戸哲夫、読んではないけど、ドラマ化されるシリーズをまだ書いてほしいなー。後半の舞台が日本橋支店だったんで、この前日本橋行ったとき観光しにいっちゃった
posted by 映画のせかいマスター at 09:46| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

わるいやつら(松本清張連続ドラマ2007)#2673

2007年 テレビ朝日 全8回

黒革の手帖、けものみちに続く米倉涼子の松本清張連続ドラマ三部作のラスト。題名は「松本清張・最終章わるいやつら」
原作と大きく違うのは、原作ではあまり姿が見えない、でもキーを握る人物である看護婦が主人公で、米倉涼子が演じている。原作の主人公の医師が上川隆也で、愛人が余貴美子。原作の見事なラストは書き換えられて、医師の裁判シーンまで入っている。

普通の看護師だった主人公がだんだんと成長?していく姿は、逆にフレッシュでこれが三部作の第1作めじゃないかと思ったくらいだった。

ラストのどんでん返しはやっぱりしっかりあって、医院を乗っ取ったのが、これまたちょっと違った別の人物だったってことと、ヒロインが医師に再会し、その後の恐怖。。。!
posted by 映画のせかいマスター at 13:51| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

スパイラル〜町工場の奇跡(ドラマ2019)#2672

2019年 テレビ東京 全7話

 ハゲタカのスピンオフドラマ。原作はハゲタカ4.5から。ハゲタカで渋い役をしてた芝野が主人公。玉木宏よりもっと歳で渋い人を連想してたけど、まーそれなりだった。町工場マジテックが工学博士の死により娘の貫地谷しほりがあとを継ぐんだけど、赤字経営でうまくいかない。そこに企業再生家としてやってきた芝野だったが、銀行のときのライバル眞島秀和に狙われ、外資ファンドに買収されそうになる。今回眞島さん徹底的な汚れ役。ハゲタカにもたしか出てきたホライズンキャピタルは女社長の真矢みきが、虎視眈々と狙っている。

最終回までずっとピンチの連続で、最後の最後で著作権を公開することでピンチを脱するんだけど、ずっとストレスの貯まる展開だったなー。半沢直樹みたいに一話ずつ山場があって乗り切って、みたいな感じがいいのかも。でもその分リアリティあってよかった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:36| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする