2019年07月26日

鴨川食堂(BSドラマ2016)#2681

2016年 NHKBS 全8回

萩原健一逝去に伴い再放送された。太陽にほえろの頃のギラギラ感はないけど、渋みがあって晩年の彼もすごくかっこいい。2016年といえばつい最近のように思うが、この頃は健康だったのかな??話はそれるけど、太陽にほえろの主役がショーケンだったとは知らなかった。主役が殉職しちゃうとは!もともと歌手でこれだけ存在感のある役者になる人ってのもそういるまい。

で、今回のは昔食べた味を調査して再現してくれるという探偵のもとに訪れる人々の物語。母が作ったなんとか、のうらに隠された気持ちとか、レシピの再現とか、基本心温まるストーリー。刑事だった主人公を訪れる謎の男の出現、、

欲を言えばもっと京都感があれば。。
posted by 映画のせかいマスター at 08:43| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

サマーウォーズ #2680

2009年 日本 115分 細田守

細田監督が妻の実家に立ち寄った時の風景が元になっていると言われていて、上田の自然の中にある大家族と日本屋敷、それとは全く対象的なネットの中のバーチャル空間の対称的な世界が入り交じる。あと甲子園!

たまたま先輩に協力することになった主人公のひと夏の経験が、世界を救うことに、、、。という壮大なストーリーとその舞台が信州の田舎町っていうギャップ、出てくる登場人物がみんな昭和風で和んだ。ストーリー展開もよくて、細田作品では一番面白かった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:15| Comment(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

是枝裕和

真実 (2019) 編集/監督/脚本  
十年 Ten Years Japan (2018) エグゼクティブプロデューサー  
万引き家族 #2678 (2018) 監督/脚本/編集  
SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬 (2017) 出演  
三度目の殺人 #2644 (2017) 脚本/監督/編集  
いしぶみ (2016) 監督  
海よりもまだ深く #2690 (2016) 脚本/原案/監督/編集  
海街diary (2015) 監督/脚本/編集  
台湾新電影(ニューシネマ)時代 (2014) 出演  
家路 (2014) 企画協力  
そして父になる #2126 (2013) 監督/脚本/編集  
ゴーイング マイ ホーム (2012) 編集/監督/脚本  
夢売るふたり #1917 (2012) 企画協力  
エンディングノート (2011) プロデューサー/製作  
奇跡 #1578 (2011) 監督/脚本/編集  
妖しき文豪怪談/後の日 (2010) 監督  
Beautiful Islands ビューティフル アイランズ (2009) エグゼクティブプロデューサー  
空気人形 (2009) 編集/脚本/プロデューサー/監督  
大丈夫であるように ─Cocco 終らない旅─ (2008) プロデュース/監督/編集  
歩いても 歩いても (2007) 編集/脚本/監督/原作  
ゆれる #1190 (2006) 企画  
花よりもなほ (2006) 原案/脚本/編集/監督  
ワンダフルプレイス 〜もう一つの「ワンダフルライフ」〜 (2004)<未> 監督  
誰も知らない #371 (2004) 編集/脚本/監督/プロデューサー  
エレファントカシマシ ドキュメンタリー・フィルム 扉の向こう (2004) プロデュース  
蛇イチゴ #1918 (2003) プロデューサー  
帰ってきた!刑事(デカ)まつり (2003) 監督  
カクト (2002) プロデューサー  
DISTANCE/ディスタンス (2001) 脚本/編集/監督  
ワンダフルライフ (1999) 監督/脚本/編集  
幻の光 (1995)
posted by 映画のせかいマスター at 08:45| Comment(0) | 監督別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細田守

未来のミライ #2677 (2018) Anime 監督/原作/脚本  
バケモノの子 #2575 (2015) Anime 監督/脚本/原作  
おおかみこどもの雨と雪 (2012) Anime 脚本/原作/監督  
サマーウォーズ #2680 (2009) Anime 監督  
時をかける少女(アニメ) #1151 (2006) Anime 監督  
ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 (2005) Anime 監督  
posted by 映画のせかいマスター at 08:37| Comment(0) | 監督別リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビッグ・アイズ #2679

2014年 アメリカ 102分 ティム・バートン

実在のモデルであるマーガレット・キーンがそのままの役名で登場。大きな瞳の子どもたちの絵を書いていた妻が、夫の名前で公表し、バカ売れして成功を収めるが、のちに夫婦生活が破綻、絵を書いていたのは自分だと名乗り出ることに。

実際にビッグ・アイズのコレクターでもあるティム・バートンが監督した伝記映画。今までの幻想的な部分はないけどその分ビッグアイの絵が象徴的に映る
posted by 映画のせかいマスター at 08:18| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万引き家族 #2678

2018年 日本 120分

小さい頃、昭和40年代の日本を思い出させるような、大家族。部屋はごちゃごちゃしてて風呂も小さくて、よくこういう空間にあんな人数暮らせるよなっていうくらいなんだけど、みんな仲良くて幸せそう。

でもこの家族には秘密があって、本当は家族じゃない。もう亡くなってる人の年金と、万引きで暮らしている。父リリー・フランキーは仕事で骨折するが、保険が出ない。母安藤サクラはクリーニング店で、規模縮小のため仕事時間が減ってる。長女松岡茉優は風俗店で、発話障害の男に癒やされる。新たに保護?した少女を家族に迎え、それぞれ社会的には厳しい中、特に悲しむことなく強く生きている。

是枝監督のリリーさんはいい人キャラが定着してて、この人どんな人なんだろうとか考えなくていいから、安心して見れた。がしかしやっぱりあることをきっかけにすべてバレて、家族はバラバラに。それぞれの人生を歩むのだが、それは決して今までのような幸せな暮らしではなくて・・・。

「誰も知らない」のような実際の事件をモチーフにした作品だそうで、なによりも人の温かさを感じられていい映画だった。
posted by 映画のせかいマスター at 08:10| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

未来のミライ #2677

2018年 日本 100分

4歳の男の子が主人公。妹が生まれて親の注目がだんだん妹ばかりになっていって欲求不満。そんな中ミライからタイムスリップしてきた少女は、妹??いろんな未来人との出会いの日々。

男の子の視線から描かれた映画なんで、男子はちょっと懐かしいような感覚に。
posted by 映画のせかいマスター at 14:35| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

祈りの幕が下りる時 #2676

2018年 日本 119分  東野圭吾

新参者シリーズ。今回は主人公の阿部寛がやってる加賀恭一郎の親が事件に絡んでくる。全く関係のないはずの殺人事件となぜ出ていって亡くなった母親がつながるのか、カレンダーに記された東京の橋の名前でつながる事件の謎に挑む。

最初から怪しい人物として出てくる松嶋菜々子の過去がわかるにつれ、みんな感情移入していって、被害者であるはずの人物、何人かとリンクしてどれが本物かわからないが、クローズアップされるごとに悲しい現実が・・・。この映画は典型的な犯人側の物語なんだけど、それを感じさせない刑事側の視点、終わってみるとああこういう話だったんだと思わされる。

福澤克雄監督はドラマの池井戸潤シリーズを演出した人だそう。
posted by 映画のせかいマスター at 07:41| Comment(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナミヤ雑貨店の奇蹟 #2675

2017年 日本 129分 東野圭吾

1980年と2012年が時空を超えて手紙のやり取りをする。過去から来た手紙に返信する現代の若者、未来から来た手紙に返信する過去の老人。お互い姿は見ることができないが、手紙を通じて話し合える。相談者が多様で、そろぞれ少しずつ接点があったりするところは、自分の好きな群像劇なんだけど、無理やりこじつけ?(笑)た部分もあるんだけど、面白かった。

子供を生むか悩んでいた母親の死を新聞で知り、無力だったと思っていた老人は、その娘にあうことで真相を知る。泥棒に入った若者三人組がアドバイスした娘はそのとおりに成功を収める。聞いたことがある歌を作っていた青年に、あなたの歌はきっと後世に残ると伝えるが、青年はあえなく死んでしまい。。。

などなど、現代では使われなくなった手紙というツールで織りなすドラマ。。昔は雑誌で文通相手募集とか、手紙って重要なツールだったよなー。私の文通相手今何してんだろう?^^

劇中歌のRebornが最後に山下達郎の歌で流れてきたとき、最初気づかなかったけど、驚いた!
posted by 映画のせかいマスター at 07:28| Comment(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする