2020年06月28日

中央流沙(松本清張ドラマ2009)#2742

2009年 TBS

 2005年に宝塚を卒業した和央ようか主演。ピアノは実際弾いてるみたい。その後結婚してあまりメディアには出てないみたい。話はその旦那の石黒賢が収賄の疑いで事情聴取を受けている中、ハノイで心中して死んだという。登場したときは悪役っぽかった高嶋政宏と探偵役でその裏を探る。
 官僚政治家御用達の白金倶楽部のママかたせ梨乃が、政治家にしたかった息子が殺人を起こしてしまい、隠すために奔走する中で、事件に絡んでくる。

 現地日本人スタッフ役でおしんの小林綾子が出てた。
posted by 映画のせかいマスター at 13:21| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

紐(松本清張ドラマ1996)#2741

1996年 TBS

原作は「黒い画集」の中の一つの短編

河川敷で紐で縛られた死体(内藤剛志)発見、刑事はその丁寧な縛り方に疑問を持つ。身内の犯行なので丁寧に行ったのではないかと考えるが、妻(名取裕子)や妹夫婦にはアリバイがある・・。

室田日出男が定年間近の刑事役、殺された主人の過去のフラッシュバックで、その人となりが判明していくのだが、だんだんと同情に変わっていく。主人公の名取裕子は嘱託殺人という難しい役どころ。自殺では降りない保険金を自らの命と引換えにするという追い込まれた人生。
posted by 映画のせかいマスター at 13:57| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

迷走地図(松本清張ドラマ1992)#2740

1992年 120分 TBS

松本清張作家活動40周年記念ドラマ。
次期総裁候補の二谷英明と若尾文子夫妻、若手のゴーストライター世良公則とその秘書有森也実が、現総理を引きずり降ろそうとするが、秘書の森本毅郎が海外で事故で亡くなる。彼が託していたのは次期総理候補婦人の情事の音声テープだった。

政界の固い話で、有森也実がちょっと和ませる役どころ。映像作品で見るのは初めてだが、総裁選挙の裏を描いてて、なかなかテレビでは馴染まなそうだけどww松本清張政治シリーズも何作か映像化されてて、まあおもろい。冠がついてなかったら見なかったかもなんで、意義はある。
posted by 映画のせかいマスター at 08:44| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

ゼロの焦点(松本清張ドラマ1983)#2739

1983年 TBS

橋本忍、山田洋次が脚本し、映画化の際の監督、野村芳太郎が監修をつとめたドラマ。あらすじはおなじみで、主演の星野知子(!すっかり忘れてたけどたしかにいた!!ww)が新婚の旦那勝野洋の失踪を探しているうちに過去の女達の秘密、いわゆるパンパンがあるっていうのを知ってしまう話。

前半50分くらいほとんど謎が進展せず、警察は自殺で処理した案件を、なぜか?(笑)主婦の主人公が解き明かして、後半すぐに謎解きに入ってあとは大谷直子の告白とともに過去を振り返る映像になる。後半良かったので、前半もう少し物足りない。が、充実のドラマ。
posted by 映画のせかいマスター at 07:32| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

指(松本清張ドラマ1979)#2738

1979年 おんなシリーズ7話 TBS

山本陽子主演。ホステスが喫茶店で出会った他店のママと意気投合してそのまま家に泊めてもらう。誘われるままに、レズの関係に・・。それを見ていた管理人のおばちゃんに知られてしまうが、その後も関係が続く。しかしある日、ママの訃報が届く。そして時は流れ、ママの内縁の夫の息子と偶然恋に落ち、結婚することに。しかしその息子が新居に選んだのはママの部屋だった。ママとの関係を息子に知られないため、管理人のおばちゃんを絞め殺す。それを見ていた飼い犬・・。そしてその犬の子供を妻へのプレゼントと持ち込んでくる・・。

タイトルの指は、絞め殺す際に傷になった指のこと。犬の存在に耐えきれずに犬も殺してしまうのだが、それを見ていた新管理人が通報し過去の殺人もバレてしまうというオチ。

ほぼ原作通りで、尺も丁度いい。その後リメイクされるたびに脚色されて原作から離れていくので、オリジナルが好きなファンにはいいかな。

ママ役の水谷良重はその後二代目水谷八重子に改名、山本陽子もセクシー!
posted by 映画のせかいマスター at 19:56| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

熱い空気(松本清張ドラマ1978)#2737

1978年 おんなシリーズ6話 TBS

その後家政婦は見たシリーズとして一世を風靡する事になる原作。森光子が家政婦の役。大学教授長門裕之の一見平和な家庭だが、家政婦は知っている不良の子供、生意気な次男、嫉妬深い妻、母浦辺粂子の5人家族の内情。夫は妻の妹と不倫関係にある・・・。
この話の面白いのはたまたま会った生意気な次男に家庭の後日談を聞くこと・・。それは聞くも涙の・・
まー確かに他のパターンも見たくなる。この話が良かったのがのちのヒットを生んだかな
posted by 映画のせかいマスター at 08:35| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶(松本清張ドラマ1978)#2736

1978年 おんなシリーズ5話 TBS

原作は「たづたづし」でそのタイトルで何度か映像化されてる作品。殺されかけた女十朱幸代が記憶喪失になって現れることから今回は「記憶」というタイトル。ラストは作品によって違うが、今回は記憶が戻らないまま夫と復縁し、幸せに暮らしてるところを出張先で偶然見かけるっていう結末。

そもそも自分の都合で殺しといて、記憶がないと確認したら、また気持ちが高まって付き合い出すっていう、一粒で2度美味しい♪みたいなやりたい放題な男児玉清がに食らわされた結末としては物足りない??
十朱幸代は健気で可哀想なまま終わりましたw
posted by 映画のせかいマスター at 07:55| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

足袋(松本清張ドラマ1978)#2735

1978年 おんなシリーズ4話 TBS

池内淳子主演。今回のおんなも可哀想な役割。不倫の恋に本気になってしまい、つきまとうようになる。怪訝に思う男は距離を置くようになるのだが、、、

足袋はその道の人の分はほとんど特注らしく、途中で脱げたりはしないそうだ。最後にヒロンの死をTVで知ることになる男の郵便受けにはもう一方と思われる足袋が。水死体には片方だけしか足袋が履かれてなかった・・。
posted by 映画のせかいマスター at 14:46| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の影(松本清張ドラマ1978)#2734

1978年 松本清張おんなシリーズ3話 TBS

タイトルは違うけどおなじみの「顔」今回は主演の大空真弓が、旅行先で交際中の男に殺されそうになり、逃げているうちに男が崖から落ちて死んでしまう。秘密の間柄だったため、事件は迷宮入りとなったが、一緒にいたのを知っている男織本順吉が一人いた。8年経ち事件のことは忘れられている頃、女は女優として芽が出る。プロデューサーの渡瀬恒彦に見いだされ、TVに出るようになる。あの時の男に顔を思い出されると心配になり、手紙を送り、その時の宿に呼び出すのだが、男は自分のことを覚えていない。安心した女は表情も豊かになり、ますますTV での露出が増えていくのだが・・。

短編の単純な話はこれくらいの尺がちょうどいいなあ
posted by 映画のせかいマスター at 13:38| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬を売る女(松本清張ドラマ1978)#2733

1978年 松本清張おんなシリーズ2話め TBS

 2回目は倍賞千恵子主演。松本清張と倍賞千恵子といえば霧の旗http://eiganosekai.seesaa.net/article/138849795.html
このときの怖い女を彷彿させることなく、身寄りのない社長秘書の女が、競馬情報がかかってくる社長の電話を盗聴し、情報を流して稼いでいる役。社長に探偵を頼まれた財津一郎にそれまで貯めてた金を貸し、取り返そうとしてあっけなく殺されてしまう可愛そうな女の役。
posted by 映画のせかいマスター at 08:16| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

張り込み(松本清張ドラマ1978)#2732

1978年 松本清張おんなシリーズの1話 TBS

おんなシリーズと銘打った全7話。毎回豪華な女優さんが主役を張るが、第一回は吉永小百合!5年前の恋人に会うんじゃないかと刑事に張り込まれる主婦の役。中身はもうおなじみなんだけど、ちょうど家の向かいが旅館で、刑事は一人だけ。恋人役が森本レオってイメージと違うな。別の男と結婚してほとんど口も聞かずに元恋人を健気に待っている役、似合いますな。
posted by 映画のせかいマスター at 08:08| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

岸辺のアルバム(ドラマ1977)#2731

1977年 TBS 全15回

ホームドラマの金字塔、それまでのホームドラマの壁を破って辛口ホームドラマとしてそれまでの流れを変えたと言われる山田太一脚本作。
川辺にマイホームを建てて一見平和な家族田島家。父親杉浦直樹は仕事に奔走し、家庭にいる時間すら殆どない。良妻賢母だった母八千草薫は、名前も顔も知らない相手竹脇無我からの電話で話しているうちにとうとう一線を越えてしまう。姉中田喜子は大学のサークルでアメリカ人の男に強姦され堕胎する。途中から語り部のように彼の視点から見えるようになる弟国広富之は、モスバーガーの店員の女風吹ジュンにちょっかいかけられつつ、大学受験に挑むが失敗する。どこにでもありそうだけどちょっとこえてしまっちゃった的な感じの家族。それぞれみんな悪い人ではないし、一生懸命生きてる常識人なんだけど、人生いろいろありますね。

それぞれに影響を与えていく人たちとして、母は余命まもない友達に相談しているうちにもうすぐ死ぬときになって浮気の一つでもしててよかったと打ち明けられる。姉は出会った女友達山口いづみに翻弄されて酒タバコを覚える。父は部下の村野武範と沢田雅美に刺激される。弟は風吹ジュンに声をかけられた理由が会社が傾いて建設予定の家に田島家が建ったことで意地悪しようと思ったことを告げられる。彼女の家に招かれて妻に逃げられて隠居生活をしている父を見て、自分の家はみんなロボットのように感情を表さずにいることに腹を立てる。そしてすべての秘密は弟によって暴かれる。

終盤は父親の悲哀がクローズアップ!妻の不貞を知り、言い寄られていた部下を誘うがとっくに他の男のものになってて、坐骨神経痛で倒れてしまう。娘に年上の男津川雅彦を紹介され激怒するが、逆に人間らしいところがないと批判される。仕事ばっかりに生きてきた自分を反省することになる。家族のアルバムをギリギリの状況で取りに帰る中で妻からもキレイ事のアルバムが大事なのかと責められる。

そして物語は川の決壊で終わる。1974年の多摩川水害がモデルで、実際の映像も組み込まれてる。もともとこのラストが先にありきの作品だったようで、それまでのいろんな事件がまるで些細なことであるかのようにすべてをぶっ飛ばしていく。いろいろ印象的!
posted by 映画のせかいマスター at 08:42| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

悪魔のようなあいつ(連続ドラマ1975)#2730

1975年 TBS 全17回


放送された年の年末に時効を迎える三億円事件の犯人を主人公として、毎回時効まであと1○○日で終わるドラマ。放送される間に犯人逮捕!とかなったら、ドッチラケなんだけど、それも叶わず時効に。まだ解決してないリアルな事件をモチーフに、ドラマがあるってそれだけ日本中が注目してた事件だ。今でもまだモデルの作品が作られるくらいだから。原作漫画は阿久悠と上村一夫でドラマと同時進行で同時に終わるみたいだったけど、ドラマのほうが暴走し始めて、途中から原作と違ってるらしい。

最初から犯人は主人公の沢田研二っていうところから始まり、刑事の若山富三郎がおおかた検討をつけてて追ってく構図から始まる。最初はなかなか進まない感じでショー歌手で女衒として何人かの女と浮世を流してて誰が誰だかわかんなくて戸惑うんだけど、だんだん面白くなってくる。序盤の見せ場はショーパブで歌う「時の過ぎゆくままに」もうすでに伝説のヒット曲の予感!

久世光彦がテレビドラマの限界に挑戦した?と言われる映像は、ヌードあり、殺傷シーンあり。ホモ、売春、、そのためか再放送はされてない!が、パラビで放映されてたのを見れた〜〜
途中から当時の世相を映す新聞映像や、ピンキラ(ピンキーとキラーズ)デビューとか、当時のヒット曲をBGMに出てくる。三億円事件の再現シーンもふんだんに登場。

ここまでの人間関係。かつて自動車修理工場で働いていた主人公は、そこの奥さん(痴人の愛のナオミ役の安田道代)とその後も関係を持っている。社長の旦那は賭博でボロボロ、オカマのヤクザ、伊東四朗から借金している(まさか45年後、主人公よりこの端役のおじさんがTVに出まくってるとはね^^;)当初物語を引っ張ってた若山富三郎は、時効前の事件を追い過ぎ!ってことで左遷させられる。んだけどもしぶとく追い回す。ショーパブマスターの藤竜也は主人公を愛してて、伊東四朗を始末する。看護婦の篠ひろ子はずっとナース姿で、見えないけど裸のシーンばっかり。本当はお金を見つけて主人公に色仕掛けで誤魔化されるだけなんだけど、本気になってしまう純な役。

妹の足の手術でナンバーを控えられた金を使うんじゃないかと、逮捕!が前半のヤマかと思ったら、ここでも藤竜也に助けられ、なんと隠していた3億円が消失!盗ったのは誰だ!ってところで折り返し。

後半はついに若山富三郎に現金がバレて逃走生活に入り、細川俊之と長谷直美兄弟と出会う。持病のGLIOBLASTOMA(神経膠芽腫)の末期症状?で記憶喪失に!記憶喪失の人とか見たことないんだけど、この時期ドラマとかでよく記憶喪失になってるw 金の在り処も二転三転し、関わりのあった女はどんどん不幸なことになっていく。そして最後は若山を残してみんな死んでいく・・・・!すげーパワーのあるドラマだった。こんなんお茶の間でやってたのか〜〜w



posted by 映画のせかいマスター at 07:14| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

行列の女神〜らーめん才遊記(連続ドラマ2020)#2729

2020年 テレビ東京系 全8話

ドラマBizシリーズ。原作は漫画らーめん才遊記。天才ラーメン屋の鈴木京香の元にふらっと現れた黒島結菜、実は彼女は大物料理研究家高畑淳子の娘だった・・。
たしかに今激アツのラーメン業界。うちの近所でも美味しいと評判だった店がなくなったり、大して美味しくないと思ってたところが爆益叩き出してたりする。ドラマBizなのでビジネス要素も取り入れて、社員たちそれぞれの活躍や各話ごとに出てくるゲストとのバトルをこなしつつ、成長物語になっている。ワクワクする味、クセがないと売れないけど、それだけじゃトンデモラーメンになる。どこを狙うか!?

posted by 映画のせかいマスター at 07:57| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

NEXT-ネクスト- #2728

2007年 アメリカ 96分 ニコラス・ケイジ

2分先の自分が見えるという設定で、巨悪と戦う。面白そうだが、十分に活かすにはいろいろ難しかったのでは?最初のカジノで小銭稼ぎするくらいしか普通人は思いつかない。アクションにするのはすごい!

あとはジュリアン・ムーア、このとき45歳くらい?美人やなー。アクション映画の平均年齢も上がってそう。ニコラス・ケイジ、いつもこういうありえない設定のキャラをうまいことこなしててすごい
posted by 映画のせかいマスター at 09:39| Comment(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

バンコック・デンジャラス #2727

2008年 アメリカ 100分 ニコラス・ケイジ

腕は良いけど孤独な殺し屋ニコラス・ケイジが、バンコクの地で弟子に技術を教え、ドラッグストアの聾唖の娘といい仲になり、今までの寂しさを紛らわせようとするが、そういうときに限って、バラバラになるような展開が。。

わかりやすくてこういうのいいな。最後の依頼を終わらせたら平和に暮らすはずだったのに・・。でも自分の仕事をまっとうするために選んだのは。。
posted by 映画のせかいマスター at 07:19| Comment(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする