2020年06月15日

足袋(松本清張ドラマ1978)#2735

1978年 おんなシリーズ4話 TBS

池内淳子主演。今回のおんなも可哀想な役割。不倫の恋に本気になってしまい、つきまとうようになる。怪訝に思う男は距離を置くようになるのだが、、、

足袋はその道の人の分はほとんど特注らしく、途中で脱げたりはしないそうだ。最後にヒロンの死をTVで知ることになる男の郵便受けにはもう一方と思われる足袋が。水死体には片方だけしか足袋が履かれてなかった・・。
posted by 映画のせかいマスター at 14:46| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の影(松本清張ドラマ1978)#2734

1978年 松本清張おんなシリーズ3話 TBS

タイトルは違うけどおなじみの「顔」今回は主演の大空真弓が、旅行先で交際中の男に殺されそうになり、逃げているうちに男が崖から落ちて死んでしまう。秘密の間柄だったため、事件は迷宮入りとなったが、一緒にいたのを知っている男織本順吉が一人いた。8年経ち事件のことは忘れられている頃、女は女優として芽が出る。プロデューサーの渡瀬恒彦に見いだされ、TVに出るようになる。あの時の男に顔を思い出されると心配になり、手紙を送り、その時の宿に呼び出すのだが、男は自分のことを覚えていない。安心した女は表情も豊かになり、ますますTV での露出が増えていくのだが・・。

短編の単純な話はこれくらいの尺がちょうどいいなあ
posted by 映画のせかいマスター at 13:38| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬を売る女(松本清張ドラマ1978)#2733

1978年 松本清張おんなシリーズ2話め TBS

 2回目は倍賞千恵子主演。松本清張と倍賞千恵子といえば霧の旗http://eiganosekai.seesaa.net/article/138849795.html
このときの怖い女を彷彿させることなく、身寄りのない社長秘書の女が、競馬情報がかかってくる社長の電話を盗聴し、情報を流して稼いでいる役。社長に探偵を頼まれた財津一郎にそれまで貯めてた金を貸し、取り返そうとしてあっけなく殺されてしまう可愛そうな女の役。
posted by 映画のせかいマスター at 08:16| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

張り込み(松本清張ドラマ1978)#2732

1978年 松本清張おんなシリーズの1話 TBS

おんなシリーズと銘打った全7話。毎回豪華な女優さんが主役を張るが、第一回は吉永小百合!5年前の恋人に会うんじゃないかと刑事に張り込まれる主婦の役。中身はもうおなじみなんだけど、ちょうど家の向かいが旅館で、刑事は一人だけ。恋人役が森本レオってイメージと違うな。別の男と結婚してほとんど口も聞かずに元恋人を健気に待っている役、似合いますな。
posted by 映画のせかいマスター at 08:08| Comment(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする