2020年11月13日

モノクロームの反転(横山秀夫ドラマ2020)#2758

2020年 テレビ東京系

前回の沈黙のアリバイhttp://eiganosekai.seesaa.net/article/478153857.htmlと合わせて裏表セットになったドラマ。今回は村瀬(岸谷五朗)サイドが焦点。もちろん引き続き朽木(仲村トオル)も出演。犬猿の仲の1班と3班がいがみ合い、会議でもおかしな空気の中、最後は村瀬に花を持たせるように情報を渡す。

事件は旦那が飲んだくれて奥さんが旧友にお金を借りまくっている一家が殺される。目撃情報は暗室にこもっている青年が部屋の穴から見えた白い車。これがタイトルの由来にもなっているし、解決の鍵でもある。あとは奥さん(新山千春)が借金のお礼に渡していた球根。これが元で犯人バレてしまう。

横山秀夫の警察ドラマは内部のあれこれが詳しくて面白いんだけど、あんないがみ合う刑事たちだと、協力したくないなあ(笑)
posted by 映画のせかいマスター at 16:19| Comment(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

バチェロレッテ・ジャパン(ドラマ2020) #2757

2020年 アマゾンプライム 全8話

 バチェラーシリーズが男女を入れ替えて登場。シーズン1ということは続編もあるのか。男目線からは女性陣が男を奪い合うほうがおもろいんだけど。
 特に今回は、掟破りのラスト。未見の方はネタバレ含みます。




 視聴者の予想を覆しまくるとこういうことになるのだろうか?それともリアルすぎた?バチェラー3もそうだったが、なかなかすんなりと終わらない。今回はバチェロレッテがあまりに強く、しっかりしすぎていてブレなかったため、男性陣にとっては最強のラスボス的な感じだったのではなかろうか。まず会話の中で相手を見抜く力がすごかった。少しでもごまかし、逃げがあると、ちゃんと向き合って!と返される。ラストに残った中国人ビジネスマンは、ビジネス人としても一流っぽかったが、最後にバチェロレッテに落とされた感じ。堕ちる、か。男同士では嫌なやつなのかも知れないが、女性にとっては良いんじゃなかったろうか。逆に全くタイプの違う画家は、こういうのに行くしか無いんじゃないかと思ってたんだけど、惜しくも?ダメ。その前のブラジル人歌手や日本生まれの外国人通訳も良かったんだけど、、、。通訳は若いのにしっかりしてるなと思ってたけど、最後のスタジオの喋りみてたら、それなりに年相応で少しホッとした^^;

あとは、お笑い担当?のノッキーのストールンローズの件や、美容男子笑けるし、きっと中身はツイッター界隈で有名なあの人であろうイベントの人も早く落ちた割にはしっかり良い舞台を用意されてて爪痕を残しててよかった。

こういう素人参加のドキュメンタリーチックなのがやっぱり好きだなー
posted by 映画のせかいマスター at 08:31| Comment(0) | 連続ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする