2008年07月18日

大日本人 #1148

ダウンタウン松本の監督第1弾。たけしみたいになれるんだろうか。ん〜〜微妙や。多分誰もどう評価したらいいのかわかんないんじゃないだろうか。超駄作とか言ってると後年に評価されそうな気もするし、才能あるなーとか言ってると、何年か経って誰も覚えてなかったりするかも。

とか前半戦は思ってたけど、無意味に金かけた戦闘シーンとか、ラストのぐちゃぐちゃとか、俺的にはやっぱし駄作っす。映画館で見てたら金返せとか思っちゃいそう。

たけし軍団のダンカンの映画がわかりやすいのに比べたら、自分の世界観を表現してて複雑怪奇な感じでいいのかも。でもボクはダンカンの方が好きだけど。

でもなんだか記憶に残っちゃう映画。

posted by 映画のせかいマスター at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レンタルで、ポテトチップ食べながら観賞しました。最後は脱力しましたね。劇場観賞だったら怒ったかもしれません。(笑)
Posted by samurai-kyousuke at 2008年07月18日 21:50
やっぱり?(笑)

あの内容で絶賛されちゃう松本ってやっぱり天才だと思いました〜。

ではでは、コメントありがとうございました。
Posted by 映画のせかいマスター at 2008年07月19日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック