2008年09月12日

仁義の墓場 #1172

1975年 日本 

伝説のやくざ・石川力夫を渡哲也が熱演!多岐川裕美も好演してます。

昭和20年代の人ごみ、人がわさわさいる風景って、好きなんです。中にはこういうヤクザの抗争なんかもあったんだろうけれど、なんだか懐かしい風景(生まれてないけど)。

この映画では渡哲也、無茶苦茶やってる。鉄砲撃ちまくりなんだけど、なんであんなに当たらないのかなー(笑)中国人(思いっきり三国人と呼んでました^^;)と撃ち合いして両方捕まるんだけど、日本人チームは鍵を置かれて脱獄してもよい状況になっちゃったり、戦後のおおらかさといいますか・・。なんかいい雰囲気であります。今だったらアリエナーイ!

モデルの方の墓場には「仁義」の文字が書かれてたそうで、きっとそこから仁義なき戦いなどの深作ヤクザ映画が誕生したんでしょうね。

深作欣二

追記

1956年 2月2日この映画のモデル、ヤクザ石川力夫が刑務所屋上から飛び降り自殺

されてたそうです。
posted by 映画のせかいマスター at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック