2008年09月26日

難波金融伝ミナミの帝王32「金になる経歴」#1177

2005年 日本

ミナミの帝王

元マル暴刑事今縁きり屋。自称経営コンサルタントが今回の敵。確かに金利問題で現在のローン会社は弁護士の出方次第ってところである。しかしそれを逆手に取ってる一団もいるみたいである。悪徳何とかってどこにでもいるようだ。悪徳金融のようで一味違う萬田が挑む!

信用不安の昨今、トイチなんていう高金利は存在できないように見えるけれども、陰では無くなってないし、さらにもっと高金利なのもあるらしい。なにかそこには理由があるはずで、原作の漫画には借りなければならない背景も描かれている。この映画の中では、その辺は飛ばされてるけど、真面目に利息を返していた男が、元マル暴刑事という「金になる経歴」を持つ男と組んで、寝返っちゃう。

岩崎ひろみは、金融はあまり似合ってない。寺島進は適役でしたね。

posted by 映画のせかいマスター at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック