2008年10月06日

学校 #1180

1993年 日本 

舞台は夜間中学校。集まる生徒は老若男女わけありの人たちばかり。西田敏行扮する先生が、一人一人と心を通わせる。

働きながら夜間に通うカズ、中学校を不登校になったえり子、不良のみどり、日本の社会になかなか馴染めない中国人の張、焼肉屋を経営するオモニ、言葉の不自由な修、そして長年の肉体労働で身体を酷使したイノさん。

それぞれのエピソードは15年前と今ではちょこっと違ってきてはいるけれど、抱えている悩みは同じ。幸福って何なのか、語り合うシーンがあったが、どーせ人間は不幸なんだから。。っていうフレーズ、なんだか良かったです。

山田洋次監督 /脚本

posted by 映画のせかいマスター at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック