2008年10月14日

ソウ4 #1184

2007年 アメリカ 93分

ジグゾウの死体解剖から始まる。胃の中からテープが発見される。死してもまだゲームは続くのである。

あー、ものすごくグロい。途中で見るのやめようと何度も思った。前作見たの1年前だからストーリー忘れちゃった。もう一回確認しようとするとまたあのグロシーン見なくちゃいけなくなるんだよなあ。このシリーズ見るの止めようかなー。

とか言いながら見ちまったよー。しかも5があるんだってよー。今までのレビュー見てもどんな話だったか分かんないからちょっとストーリー書いとくよ。ネタばれなんだけど、また5の時4を見直さなくちゃならないと思うとゾッとするから。ってみるんかーい。

ちなみに今までのレビュー
ソウ #504
ソウ2 #650
ソウ3 #1040

刑事ばかりがどんどん死んでく。追うリッグ刑事がいつの間にかゲームに巻き込まれてしまう。彼が駒で動いてる間、FBIのストラム捜査官が客観的に捜査している。途中でジグゾウの元妻登場!そんなんおったっけ??2人監禁されてる刑事の一人は「2」で出てきた主役の刑事らしいのだが、それすら忘れてしまってる私。。^^;

で、リッグの動きを追いつつ、過去のジグソウのストーリーを踏まえつつしてるうちに、なんだかわけのわからない展開に・・・!なんとなんと・・「3」のラストに繋がってるじゃないか。すると「3」と「4」の時系列は同時進行!??4を仕掛けてたのもやっぱりジグゾウ!??

3で一段落したかと思ったけど、やっぱり4で完全に一段落だ。でも5があるんでしょ。生きてるの誰だったっけ?おおおおーい!
やっぱり見るの止めようかな。でも見ちゃうんだろうなあ。1年後の俺。

ラベル:ソウ
posted by 映画のせかいマスター at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック