2008年12月26日

フューリー #1214

1978年 アメリカ 119分

ブライアン・デ・パルマ

同監督の「キャリー」や、1984年のドリューバルモアが出てた「炎の少女チャーリー」に似た感じの超能力映画。バルマ監督こーゆーの好きだったんですね。ちょっとB級っぽいところも・・・。

超能力は現代に見たら、なんだかなーだけど、当時は結構マジでその存在が信じられてたから、意味合いは違ってきてるかも。
posted by 映画のせかいマスター at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック