2009年01月28日

ホワイトハンター ブラックハート #1218

1990年 アメリカ 112分

クリント・イーストウッド

映画「アフリカの女王」の監督ジョン・ヒューストンをモデルに、“象狩り”に憑かれた映画監督を描いたイーストウッドの力作。アフリカの女王は全く見たことも前知識もなかったんで、とにかくアフリカの情景や途上国の雰囲気みたいなのを楽しんでた。ストーリー的にはすっかり硬派で、イーストウッドは良くこういう映画を地道に作るよな、と感心しちゃいます。負けるとわかってても戦わなければ腹が腐る。最近はそういう考えがすっかり廃れつつありますから、その存在は貴重です。
posted by 映画のせかいマスター at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック