2006年01月16日

モンスター #486

2003年 アメリカ 109分

シャーリーズ・セロンが役作りのために体重を増やしてブス顔になって・・というので見てみた。頭から登場するんだけど、ずっと誰だかわからなかった。腹はたるみ、もともと背は高いのでウェイトが増えるとかなりの迫力になる。咥えタバコでの表情やたたずまいはプロレスラーがリング上で見せるそれのようだ。いやー、凄い。日本の女優でここまで出来る人が存在するだろうか?

話は自殺を考えていた娼婦がその夜出会った少女と意気投合し、彼女を愛し、二人で行きていこうとしたその日、取った客から暴行され瀕死の思いで手に取った銃で客を殺してしまう。彼女を連れてホテル暮らしを始め、もう客は取らないと誓うが、仕事も全く無い。仕方がなくまた娼婦に戻った彼女はまたもや客を殺し、財布を掠め取る。

生きるため、とはいえ、連続殺人を繰り返す主人公は卑劣である。が、どうしてもこの映画を見ていると彼女に肩入れせずにはいられない。良心の呵責に苦しみながら引き金に手をかけるシーンは見ている方も苦しく、彼女の共同生活はせつないし、捕まってしまうところは可哀想とさえ思ってしまう。

ここまで映画の中に入り込めてしまうのは、やはりシャーリーズ・セロンという大女優がこれほどの役を挑んだことが大きな要因の一つだと思う。最初はやらなくてもいいじゃんとか、他の人でもいいんじゃない?とか思ってみてたけど、やはりその影響力は絶大で、アカデミー主演女優賞を受賞したのも納得である。


posted by 映画のせかいマスター at 06:23| Comment(2) | TrackBack(3) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
シャーリーズ・セロン、凄かったですね。オスカー獲ったのもうなずける迫力の演技でした。
殺人それ自体を正当化することは出来ないかもしれないけど、それでも彼女なりに正当化されたその行為は同じ女としては全く理解できないこともないなぁって感じます。
理不尽さが胸を突く、とても哀しい作品だったと思います。
Posted by クマ at 2006年01月21日 16:09
クマさん、コメントありがとうございました。
じじ実は、ずっとクマさんが女性の方とは気がつきませんでした〜!失礼しましたm(--)m

この映画、見た後心に引っかかりますね。彼女の演技にすっかり魅入ってしまいました。感想はうまくいえないんですが、いい映画でした。
では〜
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年01月22日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日記
Excerpt: 家の前で一匹の白いネコを見つけた。まだ子供なのだろう、私を見つけると「ナーモ、ナーモ」と鳴きだした。ネコ好きの苺にはたまらない(*゚∀゚)
Weblog: エコライフ
Tracked: 2006-01-16 06:34

愛のために人を殺し続けた女 『モンスター』
Excerpt: 本日の映画:モンスター ★★★★☆ 不幸な環境に生まれ育ち13歳から娼婦としてお金を稼ぐ術を身に付けたアイリーン。そんな生活に嫌気がさし絶望した彼女は最後に稼いだ5ドルを使いきったら自殺しようと決意..
Weblog: 毎日が映画日和
Tracked: 2006-01-21 16:04

モンスター/シャーリーズ・セロン
Excerpt: 人生を誤ってしまったとき、他人はほかに道はなかったのかと問います。もしかしたら何度も引き返せるチャンスはあるのかもしれません。死にたいと思った瞬間、わずかに見えた光が実は犯罪であったとしたら、死と光と..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-31 00:58