2009年08月28日

日本の首領 野望篇 #1238

1977年 日本 141分

2作目は対立構造よりもファミリーの部分が多く、見慣れてきたこともあってかわかりやすい展開だった。三船敏郎が出てきたり、さらに登場人物(のギャラw)はスケールアップ!にしきのあきらなんてあっという間に死んじゃった。三部作だけど、設定は微妙に変わっている。

ユセフトルコに嫁いでいく女はかのデビ夫人がモデルに違いない。当時、彼女の現在のブレイク!?を予想できていたであろうか???

あとは暴力団の黒い金の流れが面白かった。株式市場にマルボウ資金がってのは昔からあったんですね。三部作最終作はなんと録画に失敗!いつか見れますように。

やくざ戦争 日本の首領 #1237

三船敏郎
posted by 映画のせかいマスター at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | な行映画(8)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック