2006年02月06日

十二人の怒れる男 #497

1957年 アメリカ 95分

1部屋の中で12人の登場人物が物語を作ると言う限られた舞台の中で名作と言える作品に違いないのだが、ついつい先に見た12人の優しい日本人#218と見比べてしまう。もちろん12人の優しい日本人(以後三谷12人、本作のほうをフォンダ12人と記。)がフォンダ12人をモチーフにした事は間違いないのだが。

フォンダ12人の魅力はその斬新な設定と緻密なストーリーだけではない。私が思うにその設定の中で謎解きミステリーの要素をしっかり果たしていることにある。事件の起こった部屋の見取り図や、ナイフの柄や刺さった角度。実際に事件の映像や関係者が全く映し出されていないにも関わらず、しっかりと事件に迫っている。反面三谷12人では謎解きの要素しかも事件に絡む要素をほとんど排除したことが魅力となっているのは三谷氏の狙いだろうか。

絶対有罪と思われていた事件、容疑者の弁護士もさじを投げ証言も固まっているにも関わらず、たった一人の疑問が覆していく。その逆転劇が爽快感をもたらしているわけだが、本当に面白いのは当初有罪としていた他の11人が自分の意見を変えていくプロセスにある。彼らはいかにして堕ちたか。じっくりと味わえるつくりだ。この映画を見れば陪審員制度の重要性も理解できるというものだ。

関連記事
12人の優しい日本人#218

posted by 映画のせかいマスター at 06:57| Comment(3) | TrackBack(4) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三谷幸喜さんは、本当にこの映画が好きだったようですね。朝日新聞のコラム「ありふれた生活」で告白していますが、8歳の三谷さんには喜劇としか映らなかったそうです。それもどうにかしてると思います(笑)
ここのところ「三谷12」を映画と演劇を続けて観た私は、好きだからこそパロディを作った三谷さんの気持ちが何だか分かるような気がします。
喜劇と社会派ドラマを比較するのも無理がありますが、私は圧倒的に「フォンダ12」の方が好きです。
Posted by まいじょ at 2006年02月07日 01:52
まいじょさん、コメントありがとうございました。
そんなエピソードがあったんですね。先に三谷12を見ちゃうとどうしても喜劇のイメージがぬぐえないんですけど、フォンダオリジナル版は見所十分でした。
演劇もwowowでやっていましたが、見逃してしまいました。いずれ見たらアップしたいと思います。では!
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年02月07日 08:20
本当に、場面が変わらないのに、
上手に作られた映画ですよね(^o^)
Posted by 奈緒子と次郎 at 2006年02月15日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

十二人の怒れる男
Excerpt:  アメリカの裁判がどんなものか、特に陪審員制度というものがどういうものかを最初に教えてくれた映画です。  95分の映画うち、90分くらいが、狭い陪審員室が舞台であり、その中には12人の陪審員しか..
Weblog: お楽しみはこれから!
Tracked: 2006-02-07 01:30

十二人の怒れる男
Excerpt: 12 ANGRY MEN '57年 ヘンリー・フォンダ ずいぶん前に、リメイク版「12人の怒れる男 評決の行方('97)」を見て、 その後、三谷脚本『12人の優しい日本人』を見ていますが、 裁判員..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2006-02-15 08:15

映画鑑賞感想文『十二人の怒れる男』
Excerpt: さるおです。 『12 ANGRY MEN/十二人の怒れる男』を観たよ。1957年のモノクロ作品です。 監督は、初期の作品ほど素晴らしいシドニー・ルメット(Sidney Lumet)。 出演は、陪審員番..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-09-06 18:05

【十二人の怒れる男】
Excerpt: 部屋の中で十二人の男たちが 議論するだけの映画。 これ知ってる限りで一番金使って ないと思います。 電車の中でスッったスラれたを 議論している。 以外に面白いですよ。 評価 : 4/10
Weblog: Watch IT!
Tracked: 2008-07-05 15:30