2010年04月14日

密会 #1265

1959年 日本 72分

大学教授の妻とその教え子が不倫の恋に落ちてしまい、たまたまその現場で見てしまった殺人事件の目撃者として名乗り上げるかどうかで悩む。そして衝撃の結末に・・。

そんなに悩まなくっても・・たかだか不倫で・・なんてつい考えてしまうくらいひたすら悩みまくる伊藤孝雄!ひと事件で引っ張る中で、夫婦関係とか兄弟とか女中とかを織り交ぜてる。昔の映画のそーゆー所が好きなんだけども、中平監督のは視点が他と違ってておもろい。
posted by 映画のせかいマスター at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック