2010年04月19日

猟人日記 #1268

1964年 日本 124分

 ナンパした女の記録をつけていた男。そのノートに記された女が次々に謎の死を遂げる。昔のサスペンスならこの程度かなーと思っていたら、ところがどっこい、ラストのどんでん返しはなかなか見ものでした。戸川昌子の同名小説はミステリーの位置づけなんだろうか??文学?読みたいような読みたくないような・・・。

 つーわけで、連続殺人の犯人は?って視点で見てくださいね。
posted by 映画のせかいマスター at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック