2010年06月17日

ザ・ファン #1285

1996年 アメリカ 117分

ロバート・デ・ニーロ

憧れの大リーグのファンがだんだん暴走し、メジャーリーガーに肩入れする余り、子どもを誘拐し、大事件へと発展・・・。うかつに電話でファンと話なんてしたら危ないよという教訓のお話。・・なわけないけど、ストーカー被害ってこんな感じなんでしょうね。こわー。

時々ホラーサスペンスに登場するデニーロなんだけど、やっぱり正統派ドラマの方が似合う気がするけど・・。

しかし、こういうメディアで中継されてカメラの前で起きてる犯罪って、現実にももっとたくさんありそうなんだけども、実際にはあまり聞かない。いや、結構えげつない犯罪多いし、うまいこと隠されてるのかも・・。実際にはあんな演出ないし、事実は映画よりも奇なりで、淡々と行われたりして・・
posted by 映画のせかいマスター at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック