2006年04月12日

東京タワー #514

2004年 日本 126分

タイプの違った主婦2人、黒木瞳と寺島しのぶ。ジャニーズタレントの若いツバメとイケナイ恋に堕ちる。・・・これ、ゼッタイ主婦層に人気だな。私は健全に?嫁とTV放送を見たんだけど、「オメー、自分に重ね合わせてみてるだろー」(実際はもっと恐る恐る・・^^;)と聞いてみた。「まさか、こんな人いるわけないやん」という答え。そう、普通はいないんだけど、ある日突然そういう中に飛び込んでしまったりするんだよねえー。ま、でも、ナイナイ。

というわけで、ありえないと諦めている人も、もしやの千載一遇を狙っている方も、きっといろいろと妄想の世界で活躍しながら見てるんだと思うんだけど、わたしもついつい男の視点で見ちまいました。おいおい。

お上品な黒木瞳と情熱的な寺島しのぶ。どちらも実際にいそうな感じで、どちらにも憧れてしまう面があります。・・・ん??・・が、しかし、この映画、完全に女性の目から見るように作られてますねー。感情移入しにくい・・。主演の男が若くて私と合わないだけの話かな。脳内タイムマシンでウン年前に遡らなくては・・。

で、傍観者に戻りまして見ていましたら、後半ドロドロの展開になってくるくる。このまま昼メロ化するのか?いえ、ラストもそれなりにオシャレでした。2組のカップルの恋の行方はいかに?

posted by 映画のせかいマスター at 07:37| Comment(3) | TrackBack(1) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
!!!
映画のせかいマスターさんって、男性の方だったんですね!
ごめんなさい。なぜか女性だと思い込んでいました!
いつも文体や内容でなんとなく相手の方を想像していくんですけど、
SOHOで働いている仕事のできる30歳代の女性と
勝手にイメージしていました(*_*)
失礼いたしました。

この映画は…。
美しすぎて、現実的じゃなかったですね〜。
夢を見る気にもなれないって感じでした。
Posted by 奈緒子と次郎 at 2006年04月12日 08:55
奈緒子と次郎さん、どうも〜!
なるべく自分の年齢性別に関わることは書かないようにしてはいるんですが、初めて言われました。
なんだか嬉しいのは、気のせいでしょうか(笑)
どうしても読み手は自分というフィルターを通して読むので自分に近いものを探しますよね。私も女性が書いた記事を何度も男性だと勘違いしたことがあります。
奈緒子と次郎さん、正体はばれましたが^^;今後ともよろしくお願いします。私も不倫反対の危険度ゼロですから^^
そうそうこの映画も現実的じゃな〜い。
Posted by 映画のせかいマスター at 2006年04月12日 09:23
楽しんでお金を稼ぎたい人!ライブチャットはいかがですか?

当サイトではあなたに合ったライブチャットを無料で紹介致します。

顔や身体に自身がない…
とにかく稼ぎたい…
アダルトが苦手…

そんな個々の希望に合ったサイトをスピーディーにご案内☆
詳しくはこちらからご登録ください☆
http://c-lady.jp
Posted by at 2006年04月12日 18:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

東京タワー
Excerpt: '04年 黒木瞳 映画館でラブストーリーを見たのは、実は初めてです。 「不倫は許さない会」会長の私としては、つらい2時間でした。 大学生をたぶらかす人妻と、人妻をたぶらかす大学生のWカップルのゴタ..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2006-04-12 08:31