2010年10月10日

E.T. #1318

1982年 アメリカ 115分

スティーヴン・スピルバーグ

ユニバーサルで数年前アトラクションに入って、再見したいなーと思ってたところにようやく見れた。出会いのシーン、自転車のシーン、別れのシーン、シンプルだけども名シーンの数々がよみがえった。子ども目線が最高。最後大人たちを交わして、いよいよもうダメかというときのアレ、よかったですね。

名作なのでユニバーサルがあるのか、ユニバがあるから名作が蘇るのか、どっちでもいいんだろうけど、なかなかの相乗効果でした。

posted by 映画のせかいマスター at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック