2010年11月17日

嵐を呼ぶ十八人 #1327

1963年 日本 109分 吉田喜重監督

「当時の日本の高度経済成長を底辺で支えた臨時雇いの社外工たちの疎外された労働の実態を描いた作品」なんだって。蟹工船とか流行ってるけど、多分そんな感じ。(で、伝わるのかなおいおい)

ただしそこは吉田喜重監督、なかなか芸術的に迫ってる。18人の社外工と彼らを仕切る主人公の姿、リアルなのかどうなのか、18人とタイトルにあるけど名前も何も出てこない少年たち。そこから何かを読みとるには、出番少なすぎ?

昔の広島球場での広島中日戦とか、貴重な映像はたくさん出てた!

posted by 映画のせかいマスター at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック