2010年11月18日

秋津温泉 #1328

1962年 日本 112分 吉田喜重監督

当時すでに人気女優の岡田茉莉子が映画100本を記念して自ら制作した映画、のちの夫となる吉田喜重監督は当時は駆け出しだったらしい(十分ヒットメーカーかと思ってた)。
風景とか映像とかきれいだし、のどかな温泉街を舞台にした岡田茉莉子のイメージビデオみたいなもんかと思ったら違った。

http://www.h7.dion.ne.jp/~eiga-kan/Akitsu_onsen.htm
を参照したら、「周作、新子の関係を、そのまま国家と国民、国家と個人の関係として読み解くことによって、その批判精神はより明確になってきます」なんてのがあった。

深いですねー。

最初の出会いから十何年、何年かぶりかにいろいろ変わって訪れる温泉街にやっぱり前のままでいてくれる女。それだけで、男のロマンではあるんですけどねえ。
posted by 映画のせかいマスター at 14:00| Comment(1) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに、行きたい温泉気分に成りました。しかも彼とで〜す。
Posted by ティーカッププードル at 2010年11月18日 14:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック