2010年11月29日

わたし出すわ #1333

2009年 日本 110分

最近ハングリーな現代の蟹工船映画が立て続いたんで、ちょっとほっとする作品。なにやら訳ありの金持ち女が高校の同級生におカネを出資する。堕ちていく人もいれば、自分の志を貫く人もいる。お金があったら・・・を実現したらどうなるか、人生いろいろだ。

どうしても怪しい展開を期待してしまうが、どうやらお金の出所は、たびたび出てくるお母さんにあるようで、最後まで小雪さんの透明感は保たれたままでした。
posted by 映画のせかいマスター at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行映画(4)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック