2011年02月08日

ウォール・ストリート #1353

2010年 アメリカ 133分

ウォール街 #679の続編。何といつの間にやら23年ぶり!オリバー・ストーン監督もマイケルダグラスも長期間頑張ってますねえ。前作見てないとイマイチ乗れないけれども逆に言えば見てれば、マニアな楽しみもできるってことで。チャーリーシーンちょび役乙です!

Mダグラスに一点集中してた感じはあった。主人公のはずのシャイア・ラブーフは、タイマン張るには、役不足なような。あ、役どころがですよ。どー考えても倒せそうな気がしなかった。

株の世界は事実は小説よりも奇なりって、映画にするのは難しいんだろうけども、暴落はある日突然何の前触れもなく起こるってところがうまく表現されていたよな。

オリバー・ストーン監督
劇場で見た映画
posted by 映画のせかいマスター at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック