2011年04月13日

愛と追憶の日々 #1357

1983年 アメリカ 132分

冒頭の赤ちゃんを気にする母親。この2人の30年に渡る物語。恋愛したり結婚したり、出産したり、それぞれの人生が綴られる。そのままハッピーに終わるというわけでもなく・・。こういう長期の人生を描いた作品は好きではありますが。

最後の事件以外は、他愛もないと言いますか、ちょっとした浮気とか、気になる隣人とか、本当の日常生活っぽいことで、シャーリー・マクレーンの反応見たりして、前半退屈といえば退屈なんだけども・・

まあ、でも人生ってこんな感じですよね。ここから何を受け取るか、アカデミー賞受賞作!
posted by 映画のせかいマスター at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック