2011年04月27日

愛と哀しみの果て #1360

1985年 アメリカ 161分 アカデミー賞作品賞

アフリカの大地がとにかく美しい!日本から見たら途上国だけど、上映から25年も経ったら、ケニアはどうなってるんだろうか。発展してるのかそのままなのか、搾取されてるのかも。あの自然は、大画面で見たい!

主人公役のメリル・ストリープを中心に、時に淡々と話は進む印象がある。形式上の結婚をした旦那さんとの関係が希薄に描かれているからだろうか。それともアフリカの大地に飲まれてるんだろうか。

そしてロバート・レッドフォード。私もこういう役やりたい!
posted by 映画のせかいマスター at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック