2011年05月05日

荒野の用心棒 #1371

1964年 イタリア 96分

日本の時代劇と西部劇は結構な共通点があるという解釈をするよりは、黒澤明監督はとてつもなく素晴らしいと考えてしまう。製作に関してWikipediaによると、セルジオレオーネ監督が許可を取ってなくもめたと言うことが書かれてあったが、これはまさに黒澤映画の焼き直しとしか見れなかった。

途中のドンパチは抜きにしたとしても、ラストシーンはまさに「用心棒」がよみがえる。居合い抜きのスピードがガンプレイで再現、三船敏郎とイーストウッドは私の中ではタイプが違うんで重なることは無かったが、最後まで黒澤監督ブラボーだった。
posted by 映画のせかいマスター at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック