2011年06月18日

告白 #1392

2010年 日本 106分

面白かった。全てちゃんとつながってて、現代社会における問題点がそれぞれに展開されてて、恐怖とスリルで展開され収束していく。中島哲也監督もこれまでのカラーを活かしつつ、コメディっぽい部分を封印してシリアスに迫っている。こっちの路線で行けばものすごい作品を何本も作れるんじゃないだろうかこの人!

現代小説を見直しますねえ。
僕らの時代っていうフジテレビの日曜朝の対談番組に湊かなえと有川浩、万城目学が出てた。現代のバカ売れトリオだ。どっかしら新しいものを感じる。

posted by 映画のせかいマスター at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック