2011年06月20日

パコと魔法の絵本 #1393

2008年 日本 105分 中島哲也

前に書いたhttp://eiganosekai.seesaa.net/article/106268672.htmlの映画版。訳ありの人物が集う暗い病院に入院してきた記憶が一日しか持たない女の子。病院一の嫌われ者のおやじがだんだんと変わっていく・・。

暗い病院がここまで!というくらい素敵な映像に仕上がっていた。どーみても狙っているギャグはコメディTVみたいで映画っぽい感じもしない部分もあったけど。絵本の世界観も素晴らしく表現されていた。
posted by 映画のせかいマスター at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック