2011年07月25日

異人たちとの夏 #1412

1988年 日本 110分

山田太一原作、市川森一脚色、大林宣彦監督。一夏に起きた不思議な話をロマンと取るかホラーと取るか、ちょっとしたタイムスリップでもありますね。12歳の時に亡くなった両親に40歳になって再会する。現代にありながら、昔の良き時代を再現する、設定の妙が非常にうまかった!

死んでも心のなかで生きている、ご先祖様が見守ってくれている、という日本人の心を、うまく映像で表現されている。自分の大切な人に再会するというファンタジーは映画ならでは。で、最近はあまり見なくなったけど、そういう設定は好きです。

片岡鶴太郎と秋吉久美子の両親役はとてもはまってた。名取裕子はいなくても成立したかとは思ったが、いないとまたパンチがないのかも。お盆前のこの時期に必見の映画です。
posted by 映画のせかいマスター at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック