2011年08月18日

裸の島 #1424

1960年 日本 98分

家族4人しかいない島で電気も水もない中、ただひたすら生きて行く姿だけを写した作品。サイレントムービーなんで、書くの難しい〜。

新藤兼人監督で、妻の乙羽信子が主演。この映画取るのかなり体力がいっただろうに!乙羽さん、この映画ではガリガリに見える。戦う夫婦だなあ。自分は家庭に安らぎとかそんなしか求めることない守りの家庭だけど、映画監督に嫁いだらこんな過酷な生活が待っているなんて!(笑)

もはやこういう生活はできない人も多かろう、世間で何が起きていようが、こんな島の暮らしもしてみたいようなしてみたくないような・・。でも確かにこういう日本があったということですね。
posted by 映画のせかいマスター at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | は行映画(37)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック