2011年10月02日

ゴールデンスランバー #1448

2010年 日本 139分

伊坂幸太郎原作。よくできた映画だと思うけど、ところどころもうちょっとここ詳しく!ってとこがあったんで、きっと原作はそういうのをしっかり書いてあるんだろうなあと思いつつ見てしまうのが勿体無かった。教訓!映画を観るときは原作を気にするな!

しかし、この話、舞台が現代日本かどうかワカンナイけど、ちょー怖いんですけど。怖さをコミカルさで隠す所がニヒルですね。
posted by 映画のせかいマスター at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック