2011年10月07日

利休 #1452

1989年 日本 135分

自慢じゃないが歴史不得意。利休と秀吉が同じ年代を生きていたことも最近知った(爆)!であるが、堺屋太一の小説を読んで、この時代のことはちょっと興味があった。三成からとか光秀からとか、いろんな見方がありますね。

で、この話は信長に仕えていた利休が秀吉に仕えるようになって、三成により仲違いしていく姿を描いている。山崎努の秀吉がサルっぽくて、三國連太郎と並ぶシーンは両雄並び立つって感じでよかったです。

で、何と言っても茶室の花とか、秀吉の部屋の絨毯とかの小道具が、1000万円とかする本物を使っているそうで、見事でした。さすが華道の三代目、勅使河原宏監督!まあ、歴史モノの楽しみ方はイマイチ理解してないんだけれども、何本か見て鍛えるぞ!
posted by 映画のせかいマスター at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行映画(17)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック