2011年10月12日

俺たちの旅 十年目の再会 #1454

1985年

75年に46話放送された人気ドラマは、全部じゃないけどしっかり見てて、最近BSJでやってたときは、ここにも書きたかったんだけれども、書けなかった。10年後、20年後、30年後のスペシャルドラマは、書いておこうと思う。

で、まずは10年後編。画質や雰囲気は10年後と思えないくらいで、5年後くらいに10年後を想定して作られたんじゃないかと思ったけど、しっかり10年後でした。鎌田敏夫脚本のこのドラマ、上手い!

まずは結婚したワカメが、嫁さんとかつての街を訪れると、グズ六の家の跡に立派な会社が!なんでもする(NS)サービス社の社長となったグズ六と再会する。そこでかつての仲間たちが数年前に会ったきりなのを聞いてショックを受けるワカメ(ここで退場)。しんみりするグズ六の元に入るのはオメダの失踪だった。

折しも海外を飛び回って個人で商売するカースケも日本に帰ってきてて、一緒に隠岐の島へ。そこでオメダを探しに来ていたヨーコとバッタリ会うのだった。オメダの妹真由美(岡田奈々)とも再会し、探し当てたオメダは島の女(永島瑛子)と暮らしていた。

オリジナルにいなかった永島暎子を登場させているが、それ以外はほぼ同じメンバー。食堂いろはは無くなってて、名古屋章さんが出て来なかったのは残念。ちなみにヨーコは杉浦直樹と結婚するが、離婚の危機で、真由美もバツイチ。オメダは島根で結婚し、グズ六は2人の子供と暮らしてて、カースケはまだ独身。ヨーコにオリジナルで言えなかったセリフを口にするのだが・・・。

その後編でオリジナルの良さをここまでうまく生かした作品はなかなかないのではなかろうか?よかったです!

俺たちの旅 十年目の再会 #1454
俺たちの旅 二十年目の選択 #1458
俺たちの旅 三十年目の運命 #1459



posted by 映画のせかいマスター at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺たちの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック