2006年08月31日

トラック野郎 望郷一番星 #627

わかるかなーわかんねえだろうなあーの松鶴家千とせから始まり、警察に嘘の無線を流して検問に引っかかっているトラック仲間を逃がすところからスタート。およそのパターンは1作目と同じで、出張から帰る→ジョナサン一家点呼→桃次郎ソープで荷物から掠めたお土産配る→マドンナ登場キラキラ→ライバル登場→桃次郎レースで負ける→恋が加速→ジョナサン母出産→桃次郎振られる→桃次郎爆走!で感動の余韻を残して終わり!

んで、今回のマドンナは島田陽子。北海道の競馬馬牧場で働く。桃次郎冒頭では馬嫌いなシーンがあるが、馬本?!を買い込み研究。病気の馬を徹底看護してマドンナの心を射止めたように見えたが・・・。ライバルはカムチャッカ・梅宮辰夫。じゃじゃ馬土田早苗と激しい恋に堕ちる。妄想シーンこわー。ジョナサンは手狭になった家を出て一戸建てを購入するためアルバイトに精を出し、つい闇ブローカーと手を組んでしまうことから持ち逃げされてしまう。

しっかし、菅原文太も「仁義なき〜」とは全く違った三枚目をやってます。現在じゃこういう役やるのはコメディアンだけでしょうからある意味凄い!都はるみも本人役で登場。


ランキングサイトで3-5位まで激しいデッドヒート中です!今日は何位かな?↓
ranq2.gif

ラベル:トラック野郎
posted by 映画のせかいマスター at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | た行映画(49)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック