2011年10月25日

捜査圏外の条件(1989松本清張ドラマ)#1465

1989年 火曜サスペンス

これ原作読んだような気がするんだけど未確認。妹を見殺しにされた男がその復讐のため会社を辞めて7年間遠くに住み、機会を伺う。相手が支店長に栄転し、飲み歩く日々が続いた時、その機会はやってくる。

7年間の遠距離生活が、自分を捜査圏外に置くための条件であったわけだが、それがバレタのが流行歌「神田川」だった。あと、同僚に情報を流すようお願いしてたのもやばかったねえ。

殺人事件起きても、怨恨とか全然関係ない人が殺してたら、なかなか捕まらないものですよねえ。未解決事件たくさんあるわけだし。自分を無関係にするのに必要な時間が7年?恨み続けることが出来る期間が7年?完全犯罪も大変です。

妹役の甲斐智枝美、2006年に自殺しちゃいましたねえ。古谷一行はこの頃から年齢不詳で前田吟と歳の差がわかんない。伊藤蘭ちゃんはやっぱりキレイだった。エンディングテーマは竹内まりやの「告白」でした。懐かしい〜!
posted by 映画のせかいマスター at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 松本清張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック