2011年11月04日

華麗なる相続人 #1477

1979年 アメリカドイツ 117分

原作はこの数年後、「超訳」だったかなんかで、ポップな日本語訳がついて日本でも大ブームになった「ゲームの達人」などの著者シドニィ・シェルダン。

ヘップバーン主演だけども、それまでのヘプバーン映画とは悪い意味で違って、劇中にベッドシーンはあるし(もちろん別の登場人物だけど)、ヘプバーンはタバコ吸ってるし、イメージ違った〜。このとき50歳、線は細いし、顔立ちもまだまだ美しいが、当時のようなファンタジーな作品にはならないわけだ。

社長が暗殺されて、その後を継いだヘップバーンやその周りの親族たちに次々に起こる事件。テンポ良いけど、なんとなくB級っぽい。

posted by 映画のせかいマスター at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック