2006年09月07日

昆虫大戦争 #634

1968年 日本 84分

東京から昆虫採集に来た研究者(川津祐介)が、新婚にも関わらず仕事もせずにパツキン美女とバカンス中、空では飛行機が爆発、パラシュートで乗組員が降りてくる。助けに行くかと思いきや米軍の腕時計を拾ってご満悦のまま持ち帰るが、これが元で乗組員の殺人の疑いを掛けられ、逮捕されてしまう。お間抜け〜

一方でパツキン美女は実は毒虫を育てる狂女で、東側と繋がっている。新婦(新藤恵美)が働いているホテルのオーナーも東側のスパイだ。でもって墜落した航空機も水爆を搭載してベトナムへ向う途中の米軍戦略爆撃機だった。こんな素晴らしい偶然で登場人物がすべて裏で繋がってしまう息も吐かせぬ展開。

・・・なんだけど、そのまんま何も解決せずに終わってしまう。すげー後味悪いぜー(笑)一番の見せ場は虫の大群が川津祐介を襲うところ。でもこれも危機一髪で助かると言うわけでもなく、ついには水爆も爆破してしまう。大佐によると多少の犠牲は仕方がないと言うことらしいが、日本にも影響が出るって言ってたぞ。おいおい(笑)

核兵器に反対して人間を絶滅させようとする昆虫、爆発する水爆、そして何の救いもないまま「終」の文字。これは戦争はいけないというメッセージ映画なのだ・・・と自ら納得させてみる(笑)

今日は何位かな?クリックありがとうございます。
ranq2.gif

posted by 映画のせかいマスター at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画(33)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック