2011年12月06日

アヒルと鴨のコインロッカー #1501

2006年 日本 110分

伊坂幸太郎原作。不条理と言うか、なんかヘンテコな展開、村上春樹的な不思議な世界を真顔で実践していく人たちに、主人公も観客も惑わされながら、結局最後にはすべてのヘンテコな仕掛けが、ちゃんと意味があることだと解明されていく。

映像もきちんと謎解きがしっかりしてるけど、映像化はむずかしいといわれてた作品だったようなので、きっと原作も伊坂ワールド全開なんだろう。今年はこの人の小説も読みまくった。映画化されている作品も多いので、追っていくことにします。

posted by 映画のせかいマスター at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の映画(43)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック