2006年09月19日

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(男はつらいよ30) #644

1982年 日本 106分

ミュージカル風の夢に沢田研二登場!歌もバッチリ決めてスタート!前回の放浪が長かったためか、今回は速効帰ってくる。とらやの前で朝丘雪路とばったり。この人マドンナで出ててもおかしくないんだけどチョイ役出演。30作記念とあって豪華!?で、そのバッタリのときの態度がおかしいと速効喧嘩、速効旅へ。

行った先は大分県由布院の近くの湯平温泉。宿でおやじと飲んでたら、二枚目の青年沢田研二が30年前この宿で勤めていた母を覚えていますか?とやってくる。せっかくだからと坊主を呼んで供養を始める。たまたま泊まっていた東京からの旅人田中裕子と児島美ゆきも合流する。

沢田研二は翌日偶然旅人の女の子と寅に出会い、車でサファリパークと城島遊園地へ大分観光を。時間はそんなに長くはないんだけどこのロケの映像よかったです。

役の中ではちょっと変わった動物園のチンパンジーの飼育係としている沢田研二は、寅さんのいいパートナーだ。九州から柴又まで飲まず食わずで車で帰ってきてバタンキュー。2階でお休み。名コンビ!

田中裕子に一目惚れした三郎青年沢田研二は寅さんに恋の手ほどきを受けるが、なにせ純粋で話もできない。そこで二人をとらやに居合わせるが・・・。

さんざん偶然ここを通りかかったことにするんだぞ、とリハーサルする寅さんと三郎だったが、いざマドンナが現われると段取りを間違っちゃう寅さんに爆笑!

で、なんとかかんとか2人は付き合うことになるが、なかなかうまくいかない模様。観覧車の中で一世一代の告白を〜!

この2人、実生活でも8年後に結婚。その後もおしどり夫婦として1999年には「大阪物語」で夫婦漫才を。残念ながらこっちの作品はDVDなしです。


ラベル:男はつらいよ
posted by 映画のせかいマスター at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック