2012年01月15日

失楽園 #1518

1997年 日本

渡辺淳一の不倫モノはなんだかんだで結構チェックしてるんだけど、いつも同じようなことを書いている気がする。しかし、この映画の黒木瞳はきれい過ぎた。前半ただひたすら羨ましい、自分もこんなことしてみたいという流れから、後半の落ちていく姿のギャップ。その中で変わらぬヒロイン。
このコントラストが見事だった。

posted by 映画のせかいマスター at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック