2012年02月07日

座頭市 #1525

2003年 日本 115分 北野武監督

もはや、勝新よりもたけしの方が大物っぽいんで、たけしが勝新の座頭市を・・と言われてもそんなにプレミア感がなかった。個人的には北野武監督映画として見ました。

ピストルが刀に置き換わっただけで、いつもの武監督映画だ、と、ホッとするのもつかの間、浅野用心棒との対立構図が見え隠れしてなかなか面白い。時代劇お約束の酒場シーンとか、こりゃまた時代劇カバーというよりも、しっかりした時代劇だ。と思ったら、そもそも座頭市は金髪だし、なんじゃこれ的な部分もあるわけで。

出来栄えは北野武監督の中でもかなりいんじゃないだろうか?オリジナルの役でも良かったんちゃう?

posted by 映画のせかいマスター at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の映画(54)+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック